おすすめの洋楽レコード

I Love Records

おすすめの洋楽レコードについて

今では多くの人がCDで音楽を聴いています。CDをパソコンなどで取り込んでMP3などの音楽プレーヤーで聴いている人も多くいます。

 

それらは便利で使い勝手もとても良いものですが、レコードのような哀愁を感じることはできません。

 

レコードは針を落としたり、表裏を入れ替えたりといった手間はあります。

 

音も針や溝などの具合で少し変化してしまったりします。

 

しかしそんなところがレコードの良さでもあり、哀愁を感じるポイントでもあります。
忙しない現代にこそレコードはおすすめのアイテムだと思います。

 

洋楽にはおすすめの音楽が多くあります。
特にレコードで聴くには洋楽が向いています。

 

もっとも有名なバンドとしておすすめなのがビートルズです。

 

ビートルズは誰もが知っているバンドですし、一度は聴いたことがある曲が何曲もあります。アルバムの数も多いので、いろいろなアルバムを買って聴いてみるのも楽しいです。

 

年代によって音楽の雰囲気が違っていたりするのでバンドの流れなどを感じる事ができます。ジョン・レノンのソロアルバムやポール・マッカートニーがビートルズ解散後に始めたバンドなどを聴いてみるのもビートルズの流れを感じることができて面白いです。

 

ローリングストーンズなども人気があり、ビートルズとはまた違った雰囲気のバンドとして有名です。ロックでありながらもどこか哀愁を感じさせるバンドなので聴いてみるとビートルズとの違いを感じる事ができます。

 

洋楽はいつの時代に聴いても色褪せることなく聴くことができます。日本の歌謡曲とはまた違った外国独特の曲調や歌詞を楽しむことができます。

 

ジャズなどのレコードも多く発売されています。ゆっくりとした時間を過ごす事ができるレコードを堪能してみてください。

面接官も人間だと思えば

 


あなたの前の面接官が自分の伝えたいことを把握しているのかを見つめながら、よい雰囲気での「トーク」ができれば、合格への道も険しくなくなるのではないですか。 面接してもらうとき大切なのは、あなた自身の印象である。数十分程度しかない面接だけで、あなたの本当のところはつかめない。だから、合否は面接でのあなたの印象が決めると言ってもいいのです。 売り言葉に買い言葉を返... 続きを読む

 

転職wiki

どうしてもこの仕事がしたいという仕事もないし

 


忘れてはならないのが退職金制度があっても、自己退職ならそれぞれの会社にもよるのだが、無論のことそれほど多くの金額は支給されない。だから何はともあれ再就職先が確実になってから退職してください。 なかには大学を卒業時に、新卒から急きょ外資系の企業を目論むという方もいますが、現実にはたいていは、日本の企業に採用されて経験を積んでから、30歳くらいになってから外資に... 続きを読む

 

転職wiki

たいてい面接の際に薦めることとして…。

 


多様な事情があって、転職したいとひそかに考えている人が凄い勢いで増えている。ですが、転職すると決めたはいいけれど、再就職した後の人生設計に今までとは大きな差が出る場合もわんさとあるのが現実だと把握しておくべきです。 会社というものは雇用している人に対して、どのくらいの有利な雇用条件で契約してくれるのかと、なるべくスピーディに企業の具体的な好収益に関連する力を... 続きを読む

 

転職wiki

ハローワークでは

 


もちろん上司が高い能力を持っていれば幸運。だけど、見習えない上司なら、どんなやり方であなたの力を発揮できるのか、あなたの側が上司をリードすることが、不可欠だと思われます。 まれに大学を卒業時に、新卒から外資系を目論むという方もいますが、現実を見てみると最も普通なのは、日本の企業に採用されて経験を積んでから、30歳くらいで外資に転身というパターンが一般的なのだ... 続きを読む

 

転職wiki

仕事より趣味を優先したけど

 


「就職を希望する職場に対して、あなたという働き手を、どうしたら剛直で目を見張るように言い表せるか」といった力を向上させろ、ということが大事なのだ。 転職といった、ひとつの最後の手段をこれまで何度も使ってきた履歴がある人は、何となく転職回数も増え続けます。そんなわけで、一社の勤続が短いことが目立つようになるのです。 いったん外国資本の企業で就職した人のほとんど... 続きを読む

 

転職wiki

マイケル・ジャクソンの音楽をレコードで楽しむ

 


世界的なスーパースターと呼ばれる人は何人もいますが、その中でもマイケル・ジャクソンは特別な存在と言えます。   スキャンダルも話題となりましたが、マイケル・ジャクソンはアーティストとしても抜群の魅力を持っておりその歌声と見事なダンスで多くの人を魅了しました。   マイケル・ジャクソンの楽曲は名曲も多いことから、亡くなったあとも人気が衰える... 続きを読む

 

好きな洋楽!

ロック好きならエルビス・プレスリーのレコードは必聴

 


アーティストとしてだけでなく俳優としてなどでも活躍したエルビス・プレスリーですが、彼を一言で表すならば「スター」です。   エルビス・プレスリーは多くのレコードを出しており、往年の商業ロックを牽引してきた存在です。   エルビス・プレスリーがレコードを出せば売れる、映画に出演すれば売れると言われるほどに彼には多くの人気がありました。 &n... 続きを読む

 

好きな洋楽!

レコードで聴く事でより分かるレッド・ツェッペリンの良さ

 


レッド・ツェッペリンと言えば1970年代のブリティッシュロックシーンを席巻したバンドで、ローリング・ストーン誌が選んだ歴史上最も偉大な100組のアーティストにも選出されている世界を代表するバンドです。   アコースティックからフォーク、トラッド、中近東音楽を取り入れるなどオルタナティブ系のバンドの先駆けといっても良いかもしれません。   ... 続きを読む

 

好きな洋楽!

ジャニス・ジョプリンの『パール』を聴いてレコード入門

 


至高の名盤として有名なジャニス・ジョプリンの『パール』は洋楽に苦手意識のある方にも聴きやすいレコードです。   高級そうなチェアに寄りかかりながら笑うジャニス・ジョプリンがジャケットになっています。   ロックなバンドサウンドとブルースな歌声は季節を問わず、いつまででも聴いていられる音楽です。   そのため、年代も古くなった今で... 続きを読む

 

好きな洋楽!

レコードで聴くべきカーペンターズ

 


最近ではCDやMP3などが主流となってしまい、レコードを聴く人が少なくなっています。   レコードは表と裏を入れ替えたりしなければいけなかったり、針をちゃんと落とさなくてはいけなかったりと手間がかかってしまいます。   しかし、レコードにはレコードの良さがあります。 特に昔の音楽を聴く時にはレコードのほうが暖かみを感じる事ができます。 &... 続きを読む

 

好きな洋楽!

ニルヴァーナのベストアルバムがレコード盤にて復活

 


ニルヴァーナは1980年代後半から1990年代前半に活躍したアメリカのロックバンドです。   彼らは世界のロックシーンに多大な影響を与え、オルタナティブ・ロックシーンを語る上で、ニルヴァーナ以降と言い方をされるくらいの存在です。   現在活躍しているミュージシャンの中にも彼らの影響を受けたと公言しているアーティストは数多くいます。 &nb... 続きを読む

 

好きな洋楽!

ローリング・ストーンズの数多くのレコード と音楽的な概念

 


1962年、イギリスで結成されたローリング・ストーンズはたくさんのレコード、CDを世に出し、数々の伝説的なライブを敢行してきました。   その音楽性は、歴史が長く、時代に向けて発信した楽曲や、逆説的に思索された楽曲など、色々なアプローチの楽曲が存在しますが、周りなど気にせず、ただただ作りたいものを自分たちが好きなように動き、形にしていく、表現者とし... 続きを読む

 

好きな洋楽!

ダイアナロスのレコードについて

 


ダイアナロスは、ミシガン州デトロイト生まれのアメリカ人歌手です。   1960年代に成功を収めた女性グループ「スプリームス」のメンバとして活動していました。   その後、1970年代に入るとソロに転向したことで知られています。   転向後、アシュフォード&シンプソンがプロデュースをした「Ain't No Mountain Hig... 続きを読む

 

好きな洋楽!