レッドツェッペリン

I Love Records

レコードで聴く事でより分かるレッド・ツェッペリンの良さ

レッド・ツェッペリンと言えば1970年代のブリティッシュロックシーンを席巻したバンドで、ローリング・ストーン誌が選んだ歴史上最も偉大な100組のアーティストにも選出されている世界を代表するバンドです。

 

アコースティックからフォーク、トラッド、中近東音楽を取り入れるなどオルタナティブ系のバンドの先駆けといっても良いかもしれません。

 

そして、彼らの音楽の魅力は、人それぞれ感じる部分は異なるでしょうが、テクニックの高さを魅せつけるソロパートと強烈に印象に残るリフは間違いなくレッド・ツェッペリンの魅力の一つでしょう。

 

リフが印象的な名曲は多くありますが、「Heartbreaker」や「Rock And Roll」は分かり易いロックナンバーで代表的な作品でしょう。

 

また、ハードロックでありながらもアコースティックな曲も多く、「Stairway to Heaven」はその代名詞かもしれません。

 

彼らが現役だったはレコードでの販売でしたが、現在はデジタル音源でMP3データ等で聴かれる方が大半でしょう。

 

しかし、最近音楽好きの若者達の間でも再びレコードが見直されて来ています。

 

デジタル音源は音を圧縮してしまうので人間にはほぼ聞こえないと言われている高音域や低音域の音源がカットされてしまうのですがレコードのようなアナログ音源にはそれが無く、音に深みが出るという特徴があります。

 

そして、嬉しい事にレッド・ツェッペリンの作品もリマスターされた音源がレコードで続々と発売されています。

 

昔の名曲を当時の情景を思い巡らしながらアナログ音源で聴くのも今の時代良いのではないでしょうか。

 

好きな洋楽!