レコードで聴くべきカーペンターズ

おすすめの洋楽レコードについて

今では多くの人がCDで音楽を聴いています。CDをパソコンなどで取り込んでMP3などの音楽プレーヤーで聴いている人も多くいます。

 

それらは便利で使い勝手もとても良いものですが、レコードのような哀愁を感じることはできません。

 

レコードは針を落としたり、表裏を入れ替えたりといった手間はあります。

 

音も針や溝などの具合で少し変化してしまったりします。

 

しかしそんなところがレコードの良さでもあり、哀愁を感じるポイントでもあります。
忙しない現代にこそレコードはおすすめのアイテムだと思います。

 

洋楽にはおすすめの音楽が多くあります。
特にレコードで聴くには洋楽が向いています。

 

もっとも有名なバンドとしておすすめなのがビートルズです。

 

ビートルズは誰もが知っているバンドですし、一度は聴いたことがある曲が何曲もあります。アルバムの数も多いので、いろいろなアルバムを買って聴いてみるのも楽しいです。

 

年代によって音楽の雰囲気が違っていたりするのでバンドの流れなどを感じる事ができます。ジョン・レノンのソロアルバムやポール・マッカートニーがビートルズ解散後に始めたバンドなどを聴いてみるのもビートルズの流れを感じることができて面白いです。

 

ローリングストーンズなども人気があり、ビートルズとはまた違った雰囲気のバンドとして有名です。ロックでありながらもどこか哀愁を感じさせるバンドなので聴いてみるとビートルズとの違いを感じる事ができます。

 

洋楽はいつの時代に聴いても色褪せることなく聴くことができます。日本の歌謡曲とはまた違った外国独特の曲調や歌詞を楽しむことができます。

 

ジャズなどのレコードも多く発売されています。ゆっくりとした時間を過ごす事ができるレコードを堪能してみてください。

最近ではCDやMP3などが主流となってしまい、レコードを聴く人が少なくなっています。

 

レコードは表と裏を入れ替えたりしなければいけなかったり、針をちゃんと落とさなくてはいけなかったりと手間がかかってしまいます。

 

しかし、レコードにはレコードの良さがあります。
特に昔の音楽を聴く時にはレコードのほうが暖かみを感じる事ができます。

 

カーペンターズなどもレコードで聴くべき音楽のひとつです。
カーペンターズはアメリカの兄妹ポップスデュオで多くのヒット曲を残しています。

 

「遥かなる影」「雨の日と月曜日は」「イエスタデイ・ワンス・モア」などの代表曲があります。

 

どれも心に響く名曲として、今もCMなどで使われています。

 

今の音楽のように何種類もの楽器を使ったり、機械的な音楽などではなく、スタンダードな楽器と演奏をしている点もカーペンターズの魅力のひとつです。

 

凝った演奏などをしなくても素晴らしい曲と歌詞で人々を魅了しています。

 

カーペンターズは数多くのヒット曲を作り出し、多くの人に共感を得ていましたが、1983年にカレン・カーペンターの死によって活動を終えてしまいました。

 

拒食症から合併症になり心肺停止で死去したことは全世界に衝撃を与えることになりました。

 

カレンの悲しい死によってカーペンターズはさらに人々の心に残るミュージシャンとなり、今もいろいろなところで曲を聴くことができます。

 

レコードで聴くことで懐かしさを感じることもできます。

タイトルとURLをコピーしました